闇金相談相手に最適な先とは?

闇金の被害に遭った方は、どのような対処を取るべきでしょうか。
まずは速やかに「第3者に相談する」ことでしょう。

 

お金に関する問題は他人に相談するのは難しいことです。
自分が借りてしまった、という負い目を感じることもあるでしょう。

 

しかし「闇金」は違法な金融業者です。
騙されて借りてしまったことに引け目を感じる必要はありません。

 

ただし被害にあうと冷静な判断力を失ってしまうかもしれません。
度重なる取り立てや嫌がらせに、精神的に追い込まれてしまうでしょう。

 

そこで「第3者」に速やかに相談することが大切になってきます。

 

警察に相談する?

闇金被害の相談先として真っ先に思いつくのが「警察」ではないでしょうか。
しかし闇金に対しては「警察」が有効的になることはあまりありません

 

「警察」には「民事不介入」の原則があります。
金銭問題などの「民事事件」は実害がなければ警察は動くことができません。

 

暴力を受けたなどの被害がなければ、相談止まりで問題を解決するには至らないでしょう。

 

闇金業者もこの点はよく知っています。
警察が動くことのできない範囲で嫌がらせなどを継続してきます。

 

法律の専門家に相談する?

闇金問題を早急に解決するには、やはり弁護士や司法書士などの「法律の専門家」に相談することが一番でしょう。
闇金が一番恐れることは「逮捕」されることです。

 

「民事不介入」の原則により直接警察が動くことはできません。
しかし弁護士や司法書士といった法律の専門家の適切な処置により、警察の調査が入ることを闇金は恐れているのです。

 

闇金は通常小口の貸付を高利で行います。
ただし警察に逮捕するリスクを冒してまで利用者との関係を続けることはまずありません。

 

弁護士などが介入した段階で、利用者から速やかに撤退することが十分期待できます。
これまで悩まされてきた督促や嫌がらせが、あっという間にストップするでしょう。

 

弁護士や司法書士事務所の中には24時間体制で闇金専門の相談を受け付けしている事務所が多くあります。
中には専属チームを設けて、警察と連携して対処してくれる大手事務所もあります。

 

多くは初回無料相談などを実施していますので、十分活用して闇金問題を解決しましょう。


このページの先頭へ戻る